アレルギーを計るIgE数値が最近うなぎのぼり。
たまに発色に惹かれて市販のアイシャドウなど買ってみるけれど、まぶたが痒い^_^;
いわゆるケミカル系化粧品は口紅を筆頭に、ムース、リンス、トリートメント、いろんなものに反応してかぶれてしまうので、やはりノンケミカルなものに帰結してしまいます。
「ケミカル全盛だけど、肌に合うもの、安全なものを自分たちで作ろう」・・そんな気持ちで【月の花】では自然化粧品を作ってます。
「みつろうの練り香水」なんかもそのひとつ。そのほかデビュー間近のものもいろいろあり、がんばって作ってます。どうぞ楽しみにしててくださいね~。

店では化粧品製造業認可の更新時期でコーノ店長は手続きに大忙しです。
今回も役所から立ち入り検査があり、製造や保管に問題ないか等、厳しいチェックが入ります。

ハンドクリームを作りました。上の写真です。
もちろん天然原料由来、オーガニックのクリームです。
ミモザ(アブソリュート)精油だけで香りづけしたいなと思ったけれど、未精製のみつろうや未精製のマカデミアナッツオイルとかを使ったせいで香ばしいナッツ系の香りが勝ってしまい、結局カモミールローマンといった強い香りの精油を1滴、2滴足して・・・。
ミモザというよりカモミールの香りが前面に出たクリームになりました。
まあこれはこれで個性的な香りです(^^)

栄養たっぷりのクリームなら未精製のキャリアオイル、
精油の香りを生かすなら精製したキャリアオイルが良いかなと思います。

さてレシピです。
手荒れのケアに良いカレンデュラオイルがメインのレシピで、しっとりと柔らかいハンドクリームに仕上がります。
夜寝る前のお手入れにぴったりです。
水分を加えないので失敗なく作れますヨ(^^)

…………………………………………………………………………………………………………

《冬のしっとりハンドクリーム》 

【材料】
みつろう/3g
オーガニック・カレンデュラオイル/20ml
オーガニック・マカデミアナッツオイル/10ml
・好みの精油(エッセンシャルオイル)/2~5滴

【作り方】
1.ビーカーなどの耐熱容器にみつろうを入れて湯煎。
2.みつろうが溶けたらカレンデュラオイルとマカデミアナッツオイルを加えて
 よく混ぜ合わせます。
3.湯煎からおろし、かき混ぜながら冷まします。
 粗熱が取れたらクリーム容器に手早く流し込み、精油を加えて混ぜます。

…………………………………………………………………………………………………………

キャリアオイルはマカデミアナッツオイルのみや、ホホバオイルなどに変えてもOKです。
材料は【月の花】でそろいますのでぜひ作ってみてくださいネ!