はす  

あちこちで避難指示が出たり、一部では車が流されたり、浸水したり、
大量の雨続きで北部九州はここ数日大変なことになってます。

梅雨が明けないどころか、この悪天候。
北部九州だけでなく、まだエリアは広がるとも言われています。
みなさんも気をつけてくださいね。


【月の花】のそばの道路もバスが運行できないほどの水かさになりましたが、
店自体は高台のビルの2階にあるため、浸水もなく、おかげさまで人も商品も無事でした。
商品の発送も通常通り行います)

この豪雨が降り始める前日、東京へ日帰り出張。
癌研有明病院にも行ってきました。

以前このブログで紹介しましたが「液状処理細胞診」「ヒトパピローマウイルス検査」を受けられるという日本で唯一の(たぶん)子宮頸ガン検診の予約日だったのです。

そのほか卵巣の超音波検診、体ガン検診もセットになっていたのですが、体ガン検診はパス。

ゼラニウムの精油をお風呂に入れ始めてから生理不順はなくなり、
毎月狂うことなく28日周期で生理は来るし、不正出血もなし。

体ガンを思わせる自覚症状なしという感じなんで急ぐこともなさそうだし、
しかも麻酔して体ガン検診をやってくれるクリニックが地元にあるのでスルーしたわけなんです。

そんなわけで体ガン検査なしだったので、検査はどれも痛みもなく、
検査結果では子宮筋腫もなく、卵巣も正常ということで当日検査分は無事終了。
子宮頸ガンとウィルス検査結果は後日の郵送待ち←これが心配です

感想としては癌研有明病院の検診センター、なかなか良いところでした。

まずロッカーで用意されたズボンにはきかえ、診察室では下着まで脱いで今度はバスケの選手がはいているようなかなり大きめの紙製パンツにはきかえ、そのまま診察台に座ります。

紙製パンツ
をはいたままなんですが、ちょうど股部分がスリットになっていて、必要最低限だけスリットが開いて人目にさらす感じ。
ドクターが来るまでの間もちゃんとタオルみたいなもので下半身を覆ってくれてたし、診察台自体もそんなに高く上げられなかったので、誰もが抵抗感を感じる「開脚感」というか「さらされ感」はかなり軽減されたように思います。

どこのクリニックでもこんな配慮があったらいいのにな。

ちなみに私の場合、担当ドクターは若い女性でした。
かなり事務的な対応で、好き嫌いは分かれるところかもしれませんがそれを差し引いても快適でした。

きなこさて、おうちにある材料で簡単にできる「スクラブ」を紹介しましょう。
「きなこ」おうちにありませんか? これと蜂蜜さえあればできます。

写真のように塗りやすいやわらかさになるくらい蜂蜜を加えてよく混ぜると完成。

(余っていたマヌカハニーを使ったので、ダークな色のパックになりました)


「きなこ」
は粒が細かいため、ピーリング作用はおだやか。手の甲や指、肘の角質ケアに向いています。
やり方ですが。手の甲や指の関節部分などを優しく円を描くようにスクラブします。
あとはぬるま湯で洗い流します。

そして水分補給をお忘れなく

ティッシュを手全体にのせ、その上からローズのフローラルウォーターをシュ~ッとスプレーします。
超簡単ハンドパックでございます~ 上からラップするとなお効果的です。

指と指の間はハサミで切れ目を入れるとそれぞれの指にティッシュが密着しますヨ。
しばらくそのままパックして、最後はクリームかキャリアオイル(植物オイル)で潤いを
しっかり与えて、若い指先をキープします。

実はコレ、「暮らしの手帖」で紹介されていたケアをアレンジしたものなんですが

「手」は生活感が出やすい部分
時々ケアをしていきたいものです。